テクノロジー

リレーの価格を抑え

チャタリングとは

基板

リレーを使ってオフの状態からオンの状態へ切り換える。原理は簡単で、離れていた接点が、接触することで、オフ→オンが実現されるのである。この接触が問題で、接触する瞬間を細かく見ていくと、接触したり離れたりを何回か繰り返した後に安定した接触状態に至るのである。つまり、オフ→オン→オフ→オン→・・・とオンとオフが短い時間内に繰り返されるのである。これがチャタリングである。これにより、例えば電子機器に電気が供給されたりするとき、短時間に繰り替えされるオン・オフが機器の回路を損傷させることもある。そこで、このチャタリングをどのように防止するかということがテーマとなる。出来るだけ安価な仕組みでチャタリングが防止できれば、価格の安いリレーができるのである。

リレーの価格を抑える

リレーで行うオン・オフの切り換えは電位の変化で実現するのが価格を抑えるよい方法だが、実際には電位だけを変化させることはできないので、若干の電流が流れることになる。チャタリングを電流という面でみると、短い時間に電流が流れたり、流れなかったりを繰り返す訳である。なにも仕掛けをしないと、電位も電流の流れに忠実に上がったり下がったりする。そこで価格を抑えて仕掛けをする。コンデンサーである。電流をコンデンサーに溜め、一定の電流が流れるまでリレーをオフに(或いはオンに)保つようにする。これで、チャタリングが防止できる。また、接点自体を工夫することも行われている。接点に少しよじれをもたせるとチャタリング防止を価格を抑えてできるというもので、簡単なようで、かなりのノウハウが必要となる。

マイクロスコープの機能

電子テクノロジー

高性能、低価格なマイクロスコープの利用が盛んです。5000円前後でスマートフォン等に接続できるマイクロスコープが人気です。子供の自由研究や企業の会議で利用すると便利です。今後もスマートデバイスに対応して、高機能なマイクロスコープの発売に期待できます。

詳細を確認する...

開発コスト削減

電子テクノロジー

リバースエンジニアリングは、既存の機械やソフトウェアを分解することで、その仕様などを把握することである。リバースエンジニアリングを活用することで、新規に技術開発する必要がなくなり、低コストでしかも短時間での開発が可能になる。

詳細を確認する...

セレックとは一体何か

電子テクノロジー

セレックシステムとはドイツ生まれの医療概念であり、そしてそれは日本に限らず全世界で浸透している技術になります。そして、他の関連する電子関係分野の発展に伴い技術が成長してきた医療概念の一つでもあるので、これからの発展が期待されている分野です。

詳細を確認する...